ブログにネガティブな話題を書くのは自分に対してそれをセルフトークしていることになる

ライフハック
Photo by Tim Gouw on Unsplash

ブログにネガティブな話題や題材を書く人がいます。

このような話題は共感を呼ぶしアクセスも集まりやすい。

一時期、イケダハヤト氏のブログ「まだ東京で消耗してるの?」を皮切りに「まだ○○で~してるの?」というタイトルが流行りました。

内容はたいていネガティブな話題をもとにタイトルで皮肉り自説を展開するもの。

しかしブログにそのような話題を書くことはそれが自分自身に跳ね返ってきます。なぜか?

ネガティブな話題は自分自身に問いかけをすることになる

タイトルにもある「セルフトーク」とは自分に対して「内省」すること。

「しまった!」とか「なんてことをしてしまったんだ」と、人は気付かずに自分に対してそのような言葉をかけています。

それがどんどん積もると人はいつの間にかネガティブな状態になります。

そのようなことにならないよう、何か良くないことがあっても「次はこうして起こさないようにする」と行った感じで前向きな「セルフトーク」を心がけるように訓練する必要があります。

書くことも同じ

ブログで発信することは多くの人の役に立つと同時に「自分自身の成長」にも寄与します。

つまり、先にあげたタイトルのように読む人も書く人もゲンナリさせる内容は問題提起どころか何の解決にも繋がらないわけ

ブログで1つの話題を取り上げるときに、その話題をしっかりと考察した上でそれが少しでも有益な内容になるように努めてみましょう。

それだけでも双方に役立つ内容になります。