「ニセモノのほしい」で手に入るのは「ニセモノの幸せ」

ライフハック
Photo by Dan Gold on Unsplash

気がつけば世の中は「ニセモノだらけ」です。そして「ほしい」と思っているものも実は「ニセモノ」だったりする。

「ニセモノのほしい」に振り回される人は、気づかないうちに他人のシナリオに振り回されていることに気がつかない状態です。

ニセモノに振り回される私たち

「ニセモノ」を通して手に入れた幸せは「幸せ」なのでしょうか?

いいえ、その「幸せ」も、自分にピッタリ合うとは限らない「他人のシナリオ」なので、自分のにフィットする「自分にあった本当の幸せ」ではないのです。

探せば探すほど遠のいていく「幸せ」

世の中はうまくできています。

幸せを探せば探すほど、どんどん本当の自分の喜びを見失い、喜びを得ようとさらに他人のシナリオに振り回され続けます。

するといつしか、自分の喜びよりも、他人にとっての常識を選ぶようになってしまいます。

「ニセモノの幸せ」は「投資」ではなく「浪費」

他人のシナリオを振り回される人は他人の意のままに浪費する羽目になります。

  • 「○○は健康にいい!」からと○○を買いまくる→浪費
  • 「映画○○が大ヒット中!」だから○○を観に行く→浪費

え? 「自分の意志でそうした」って?

違います。本当に自分の意志でそうしたのであれば、それ以前に周りの意見や宣伝などとは関係なくそうしてるはずだからです。

他人が出すものは「正しいもの」。でも自分が出すものは「楽しいもの」

「ニセモノ」に振り回されないコツ。それは自分本位です。

自分の中から湧き出るものを疑いなく受け入れること。

年齢、性別、お金そのほか今の自分の状況と関係なく自分本位で楽しくすること。

ならば早速やってみてはいかがだろうか? 行ってみてはいかがだろうか? 楽しいことを。

コツは考えること。それだけ。